本日 28 人 - 昨日 94 人 - 累計 100026 人
  • お知らせ
  • 更新が滞っておりましたが、ブログ等で情報を随時アップしていきます。よろしければ、ご覧の上ご活用いただけますと幸いです。


  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
  • オンラインメンバー
  • 現在 0 名の方が訪問中です。
  • Photo
  • IMG_1490
  • Moblie QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Search

  • Social Media
IMG_0996トップページ画像IMG_1036DSC_4657DSC_4658DSC_4660
わたしたちは、阪神淡路大震災を契機に活動を始めた
MSWを中心とするソーシャルワーカーのボランティアグループです。
人間はみな、生まれながらにみずみずしい個性と感性をもち、
かぎりない可能性をもっている、かけがえのない存在です。
このことを信じること、それを尊重することが、
わたしたちソーシャルワーカーの基本姿勢です。
ボランティア活動を体験する中で、一人ひとりが自分の持ち味を活かした
出番があることを実感しています。

お知らせ - 宮城県震災復興本部からの情報
2020年07月21日
宮城の復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.~メールマガジン版~」を配信します。
≫NOW IS. は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。
https://www.fukkomiyagi.jp/

===================================
[目次]
◆特集 コロナ時代を乗り越える東日本大震災の知見
◆SNSとコミュニティ
◆非常時のメンタルヘルス
◆備蓄食情報
◆防災フロントライン
◆INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ
◆宮城から、ありがとう
===================================

○●○●○――――――――――――――――――――
特集 コロナ時代を乗り越える東日本大震災の知見
――――――――――――――――――――○●○●○
今回は、宮城県出身でフリーアナウンサーの佐藤育美さんをナビゲーターに、アフターコロナの社会で活きる東日本大震災の知見を紹介します。

○●○●○――――――――――――――――――――
SNSとコミュニティ
――――――――――――――――――――○●○●○
webとリアル、SNSを使い分けてコミュニケーションロスを防止。災害情報を専門とする東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔准教授にお話をうかがいました。

○●○●○――――――――――――――――――――
非常時のメンタルヘルス
――――――――――――――――――――○●○●○
不安やイライラは当たり前の反応。リラックスできる方法を見つけて。東北大学大学院医学系研究科の富田博秋教授にお話をうかがいました。

○●○●○――――――――――――――――――――
備蓄食情報
――――――――――――――――――――○●○●○
魚市場キッチンの缶詰(南三陸おふくろの味研究会)、モアイのカケラ(南三陸モアイファミリー)、KINOBUYA PROJECTの缶詰、サバイバル(R)フーズ(セイエンタプライズ)をご紹介し ます。

○●○●○――――――――――――――――――――
防災フロントライン
――――――――――――――――――――○●○●○
「いざという時にすぐに手が届くよう、リビングに置いておける」をテーマに開発した防災グッズ「THE SECOND AID」は、高進商事株式会社が開発しました。

○●○●○――――――――――――――――――――
INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ
――――――――――――――――――――○●○●○
■みやぎ防災林パートナーシップ事業について
県では、「企業版ふるさと納税」の寄附企業を募集しています。
みやぎ防災林パートナーシップ事業は、海岸防災林の重要性等を普及啓発するとともに、震災後に造成された海岸防災林の育林等を行う団体を支援している事業です。
本事業へ寄附することで、従来の法人税軽減効果(3割)に加え、新たに寄附金の6割が税額控除されることにより、従来と比較して約3倍の節税効果があります。
また、寄附いただいた企業については、県の広報媒体(県公式ウェブサイト等)を活用し広く御紹介をしてまいります。

問合せ≫水産林政部森林整備課保安林班 TEL 022-211-2325

○●○●○――――――――――――――――――――
宮城から、ありがとう
――――――――――――――――――――○●○●○
七ヶ浜町の丘陵地にある遠山保育所は、東日本大震災の地震により大規模半壊しましたが、シンガポール赤十字社の支援により再建し、「らいおんパーク」と名づけられました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【編集・発行】宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)
電話:022-211-2408 FAX:022-211-2493
○配信解除を希望される方は、下記メールアドレスまでご連絡ください。
≫ fukusuim@pref.miyagi.lg.jp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Vol.49
2020年6月11日発行
宮城県震災復興本部(事務局:震災復興推進課)
++++++++++++++++++++++++++++++
宮城の復興の「いま」を伝える「復興情報発信プロジェクト」、「NOW IS.~メールマガジン版~」を配信します。
≫NOW IS. は「みやぎ復興情報ポータルサイト」からご覧いただけます。
https://www.fukkomiyagi.jp/

===================================
[目次]
◆特集 宮城の底力は「おとりよせ」にある
◆山内鮮魚店「鯖の冷燻」(さばのれいくん)
◆kesemo(気仙沼水産資源活用研究会)「海かおるホイスターソース」
◆おとりよせ情報
◆防災フロントライン
◆INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ
◆宮城から、ありがとう
===================================

○●○●○――――――――――――――――――――
特集 宮城の底力は「おとりよせ」にある
――――――――――――――――――――○●○●○
今回は、「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の伊達政宗公をナビゲーターに、宮城の「おとりよせ」を特集。

○●○●○――――――――――――――――――――
山内鮮魚店「鯖の冷燻」(さばのれいくん)
――――――――――――――――――――○●○●○
通常の加熱する燻製ではなく冷やした煙で燻製する「鯖の冷燻」。南三陸町の山内鮮魚店の商品開発部立ち上げを主導した、株式会社ヤマウチ 取締役 山内淳平さんにお話をうかがいました。

○●○●○――――――――――――――――――――
kesemo(気仙沼水産資源活用研究会)「海かおるホイスターソース」
――――――――――――――――――――○●○●○
ホヤを使った新感覚調味料「海かおるホイスターソース」。気仙沼市の水産関連企業が集い、豊かな水産資源を唯一無二のアイデアで世に送り出す地域ブランド「kesemo(ケセモ)」会長の佐藤俊輔さんにお話しをうかがいました。

○●○●○――――――――――――――――――――
おとりよせ情報
――――――――――――――――――――○●○●○
卵皇(らおう)ぷりん(南三陸町)、ほやたまご(女川町)、桃生(ものう)茶福(さふく)(石巻市)、みなと塩竈海保カレー(塩竈市)、北限のしらす詰め合わせ(名取市)、生アセロラ果実(亘理町)をご紹介します。

○●○●○――――――――――――――――――――
防災フロントライン
――――――――――――――――――――○●○●○
災害多言語支援を行う、公益財団法人仙台観光国際協会国際化事業部は、地域防災を通じた多文化共生の推進「多文化防災」に取組んでいます。

○●○●○――――――――――――――――――――
INFORMATION from MIYAGI 宮城県からのお知らせ
――――――――――――――――――――○●○●○
■「みやぎ・復興の歩み9」ができました
「みやぎ・復興の歩み9」は、東日本大震災から9年が経過した宮城県の復興状況や、復興に向けて取り組んでいる方々の想いなどをとりまとめた冊子です。
ウェブサイト「みやぎ復興情報ポータルサイト」で公開しています。ぜひご覧ください。


■「宮城県震災復興パネル」の貸出しについて
宮城の復興状況をまとめた「宮城県震災復興パネル」の貸出しを行っています。
防災等のイベントのほか、大勢の方にご覧いただける場所で展示いただける場合には無料でお貸しします(送料は利用者負担)。
全10枚のうち、枚数を限定した貸出しも受け付けていますので、是非ご検討ください。


詳細は[みやぎ復興情報ポータルサイト]で検索
問合せ≫県震災復興推進課 TEL 022-211-2408

○●○●○――――――――――――――――――――
宮城から、ありがとう
――――――――――――――――――――○●○●○
名取市の閖上地区で約40年前から開催されている「ゆりあげ港朝市」。店舗棟の一部と「メイプル館」は、「カナダ―東北復興プロジェクト」の支援により建設されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【編集・発行】宮城県震災復興本部(事務局:震災復興・企画部震災復興推進課)
電話:022-211-2408 FAX:022-211-2493